平屋で38坪のこの家を在来工法で建て、家…

ご相談の内容

平屋で38坪のこの家を在来工法で建て、家族四人で住み始めて、かれこれ20年になります。
その間、2回ほど外部の塗装替えや簡単な修繕を行い、小奇麗にはなっています。
しかし、子供たち二人もそれぞれ独立して、夫婦二人きりに戻りました。これを機会にゆったりとした暮らしをしたいと思うようになりました。
そこで、模様替えを考えたのですが身近で相談に乗ってもらうにはどうしたら良いのでしょうか。

回答

「ゆったりとした空間で暮らしたい」とのご希望ですね。平屋で38坪の家ならお考えのように建替えではなく、模様替え工事で十分だと思います。
大きな空間を造りだすために、部屋の間仕切り壁を変えたり、バリアフリー化や設備関係のリニューアル化など機能を充実させ、健康で快適に暮らせる家づくりが必要です。
具体的には、耐震診断に依る構造補強を行いながらの間仕切り変更、洗面、浴室、キッチン、トイレ、ユティリティーなど水回りのバリアフリーな造り替えやそれに伴なう配管替え、断熱材の補充と効率の良い空調システムの導入、ハウスシック対策を考慮した資材の選択、生活シーンに依って効果を可変できる照明計画などを総合的に相談できる建築士、建築施工管理技士、インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、などの専門家が働く地場の設計事務所や施工会社にご相談されることをお奨めします。

最終更新日:2005年12月11日