スキップフロアーの住宅

施工を担当させて頂いたこのスキップフロアーの住宅は健常者が主体的に暮らすにはこんなにも楽しく空間が流れ繋がり続くのかと関係者の誰もが感じる言葉です。
フロアーレベルと天井高の高低差の変化を巧みに組み合わせた空間は設計図書や模型を越えて専門家でさえ未知の空間との出逢いを楽しむことになります。更に部材の設定や色彩計画によって造られた空間は建て主が暫し歩みを休め、そして再び積極果敢に世の中に立ち向かうための館ともいえます。
住宅設備機器も時代の流れに呼応しながら提案されています。自然エネルギの取り込みやLEDの照明計画や水周りの設備機器の設定にも積極的な配慮を感じます。

最終更新日:2012年10月22日

仕事ぶりの一覧