逗子・鷹取山ハイキングコース

逗子市にある神武寺の裏山から鷹取山ハイキングコースが延びています。神武寺薬師堂の裏山には石碑があり、地図には山王神社と記載されています。地元の人にもこの山王神社は知られていない。しかし、この石碑の裏あたりから大岩が見られ、鎌倉市内のハイキングコースとは少し様子が違う雰囲気が漂います。確かに、鷹取山ハイキングコースは岩山や大岩が多く見られ、切り立った岩の間にハイキングコースの山道が付いているところが何箇所もあります。この岩の上からは富士山がくっきりと見える場所もあり、途中には鎖がある岩場の道もあり、地図に記載されている「親不知」の場所はこのあたりをいうのでしょう。相も変わらない岩場の道を進むと石切場跡があり、鷹取山も近いことが感じられます。最後に岩場の狭い尾根にある三叉路を少し下りると鷹取山公園で、石切場跡が広がっています。山の上に展望台があり、天気の良い日にはその眺めが素晴らしい。しかし、富士山の手前には鉄塔と電線が建ち、景色を邪魔しています。そのため、ハイキングコースの途中から見える富士山ほどの素晴らしさは有りません。

最終更新日:2013年03月08日

三浦半島めぐりの一覧