マイホームの購入を考えており、3年以内の…

ご相談の内容

マイホームの購入を考えており、3年以内の取得を計画していますが、最大で587.5万円の住宅ローン控除の制度が、あと少しで受けられなくなると聞きました。私たちは、この制度をもう利用できないのでしょうか。

回答

現在の住宅ローン控除の制度は、平成13年6月末で廃止されます。しかし、7月以降でも「新住宅ローン減税」(仮称)の適用を受けることができます。
これは、平成15年12月末までに、住宅ローンを利用して住居を購入し、入居を開始した場合に適用される新制度で、10年間にわたり、ローンの年末残高が5,000万円以下の部分について、1%が所得税額から控除(減税)されるというものです。

控除額は、最大500万円となり、適用期間とともに現在の制度よりも圧縮されますが、控除率が適用期間内一定となり、ローン返済期間が比較的短い場合には、実際の控除額(減税額)は、むしろ多くなるケースも出てきます。
ただし、現在の制度と同様に、注意が必要な点は、最大で500万円が、所得税額から控除(減税)される、ということです。つまり、誰もが500万円の控除を受けられる訳ではありません。
この他にもいくつかの諸条件がありますので、ご自身がどの程度の控除を受けることができるのかについては具体的に専門家にご相談されることをお勧めします。

最終更新日:2005年12月11日

税に関するご相談の一覧