住宅ローンを組み、念願のマイホームを手に…

ご相談の内容

住宅ローンを組み、念願のマイホームを手に入れました。税金が控除されるということですが、控除を受けるためには、どのような手続きが必要でしょうか。

回答

個人が所定の要件を満たし、金融機関などから融資を受けて住宅を購入した場合に、一定期間、所得税から税金が一部控除されるという住宅ローン控除の制度があります。
この制度を利用するためには、住宅を購入した最初の年に確定申告をする必要があります。その際には定められた書類を添付しますが、融資を受けた目的により、必要書類が異なります。

新築住宅の場合は、以下の通りです。 

・住民票の写し 
・建物等の登記簿謄本(抄本)、新築工事の請負契約書、または売買契約書の写し 
・金融機関等の借入先から交付された住宅取得資金に係わる借入金の年末残高等証明書 

確定申告は難しいというイメージがありますが、そのような声をもとに、平成14年1月から、6種類あった確定申告書が2種類に統合され、見やすく、記入しやすくなりますので、必要書類をご確認の上、所轄の税務署にご提出ください。
また、給与所得者は、2年目以降は年末調整で、控除の適用を受けることができます。

最終更新日:2005年12月11日

税に関するご相談の一覧