消費税の価格表示の変更が行われましたが、…

ご相談の内容

消費税の価格表示の変更が行われましたが、不動産の売買にかかる消費税はどのようなものがあるのでしょうか。

回答

*消費税のかかるもの
・建物の売買
・不動産の仲介手数料
・不動産登記の際の司法書士への手数料
・融資手続きの手数料

*消費税のかからないもの
・土地の売買
・不動産の登記料
消費税は、物の消費やサービスに対してかかる税金で、日本で生活する誰もが関わりのある身近な税金のひとつです。

平成16年4月から消費税の総額表示が義務付けられました。人生の大きな買い物である不動産の購入にも、消費税はかかるわけですが、不動産業者を介して物件を売買した場合には、成約価格に対して一定の報酬(仲介手数料)が必要となります。

上記の通り、手数料には消費税がかかり、その手数料の計算方法は、不動産業者の事務所に掲示されています。

総額表示が義務付けられたことにより、手数料の割合が多くなったようにみえますが、これは表示方法が変更されただけで、実質の手数料はこれまでと変わりません。

最終更新日:2005年12月11日

税に関するご相談の一覧