春に起こるお肌のトラブルには

寒く凍えるような日々から春の暖かさを感じられるようになると心がウキウキしますが、実は体の不調が出やすい季節でもあります。
その中でもお肌のトラブルは多く、カサカサしたり吹き出物が出るなど、化粧のりもいまいち。季節の変化に体がついていけていない感じ。ニキビやカサカサの乾燥肌は季節の変化にお肌が過敏に反応しているからなのです。
お肌の調子が良くないと感じると、肌表面だけに目を向けて化粧水・乳液などスキンケア用品ばかりを見直しがちですが、実は体全体や内臓に目を向けてみるとお肌の変化が出てくるかもしれませんよ。
体の巡りが悪いところは触ってもあまり感覚がなかったり冷たかったりすることが多いので、その部分を手でさする、マッサージをしてみましょう。

徐々にからだの巡りがよくなりお顔のお肌も改善されてきます。
また、からだの巡りをよくするには、腰まわりを温めたり足湯をするのもおすすめです。足湯には岩塩などのお塩を入れるとさらに温まりますし、お塩にアロマを混ぜればさらにリラックス。
そして食事も大切です。人間の体は食べ物によって作られているといっても過言ではありません。特に味噌や納豆などの発酵食品はおすすめです。発酵食品は発酵の過程で食材が新たな栄養分を吸収するため、発酵前よりも栄養価が高くなります。更に発酵によって生み出される酵素の働きで、タンパク質やビタミン類などの栄養が体に効果的に吸収されます。毎日の食事に積極的に取り入れてくださいね!。

最終更新日:2013年03月08日

からだの話の一覧