猛暑のあとは秋ばてに注意

今年の夏は最高気温が40度を超えた地域もあったほどの猛暑でしたね。
あまりの暑さに夏バテになってしまった方も多いのでは?
この夏バテ、通常ですと気温が徐々に下がり、過ごしやすくなってくる頃には回復することが多いのですが、秋口になっても疲れが取れず元気が出ない・肩が凝る・怠い・胃腸がスッキリせず食欲があまりない などといった体の不調が続く「秋バテ」の症状を訴える方が増えています。

原因は、秋口には日中と朝晩との気温差が大きくなることや夏に冷たい飲み物を摂りすぎたことによる内臓の冷え、冷房の効いた部屋で過ごすことが多かった方は自律神経が乱れるなど様々です。

秋バテの予防もしくは秋バテになってしまった時の対処法をご紹介します。
少しずつ気温が下がってきたら、体を温める生活に切り替えることが大切です。
夏に冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎた胃腸は冷えて弱っていますので温か温かいスープやお味噌汁を取り入れた食事を心がけましょう。具材は体を温める根菜類がお勧めです。

お酒が好きな方は冷えたビールや酎ハイから常温や熱燗でのめる日本酒などに切り替え、できるだけおかわりは我慢しましょう。

また夏の間はシャワーだけという方も多いと思いますが、湯船にゆっくり浸かる生活にすることで自律神経のバランスが徐々に整ってきます。
明け方には気温が下がるので腹巻やレッグウォーマーを付けて眠るのもお勧めです。そして日中の気温が高くてもいつまでも素足にサンダルはやめましょう。
夏のようにアクティブな予定を入れすぎず、休日はのんびりと過ごすことも大切。ただし一日中ダラダラ過ごすのではなく、起床時間や就寝時間はいつも通りを心がけ、食事も3食しっかり摂ることで体のリズムが整ってきます。

最終更新日:2013年09月20日

からだの話の一覧