秋鮭(あきあじ)

鮭は川で生まれ、海に下り産卵までの大部分を北の海で成長します。数年後、産卵期の秋に再び生まれた川を上って一生を終わる代表的な回遊魚です。
9~11月に川を上るため、主に東北や北海道沿岸に寄ってきたものを秋鮭(アキアジ)と呼び、5~7月頃にとれるものを季節外れというような意味で時鮭(トキシラズ・時不知)と言うそうです。
鮭の種類としてはいずれも白鮭と呼ばれるもので、他の鮭(紅鮭・銀鮭等)は日本の川には上りません。
昔は鮭といえば新巻鮭のことで、年末の贈答期や5~7月頃に出回る程度のものでしたが、現在は人工孵化技術の向上や海外での養殖、さらには輸入品の増加などにより食べ方も豊富になり、値段も手ごろで1年中出回っています。

栄養面からは
・鮭は牛肉や豚肉と比べると、低カロリーで低脂肪です。
・良質な蛋白質やビタミンAそしてビタミンDなどが豊富です。
・最近話題のDHA(脳の活性化によいといわれる)もたっぷり含まれ ています。
・特に秋鮭の蛋白質は消化吸収がよく、子供や病人そして高齢者に も最適です。
  
食べ方については
・塩  鮭…切り身を焼く 
・生  鮭…フライ・鍋物(石狩鍋等)照焼き・ステーキ 
・スモークサーモン…そのままレモンスライス・ケッパー等を添  えて
特に塩鮭について
 鮭と塩の相性のよさは絶妙です。夏の時期に沖でとれた脂の乗っ た甘塩ものの旨さも良いが、脂のない新巻鮭の辛口の旨さは格別 です。北海道のものに比べて油の少ない三陸ものは、さらに新巻 向きです。最近はむやみに塩を敬遠する傾向がありますが、鮭の 味と渾然一体となりこなれた塩味は、本来の塩の旨味を思い起こ させてくれると思います。

最終更新日:2013年09月20日

今が旬:秋の一覧